超小型Wi-SUN FAN 対応 無線通信モジュールBP35C5 ROHM

最終更新日

BP35C5は超小型(15.0mm×19.0mm)のWi-SUN FAN対応無線通信モジュールです。

最大1000台のメッシュネットワークを構築可能で、無線通信機を信号機や街路灯などの社会インフラに実装すれば、都市全体をカバーする遠隔管理システムの構築も可能となります。

ROHMのBP35C5の画像

BP35C5の購入はこちらから

<要旨>

ローム【ROHM】社は1000台のメッシュネットワーク接続が可能なWi-SUN FAN対応のモジュールソリューションを業界で初めて提供開始しました。

Wi-SUN FAN(Field Area Network)は、国際無線通信規格「Wi-SUN」の最新規格であり、他のLPWA*1と比較して、通信コストが不要で、マルチホップ通信により自動で電波状況を見て接続先を切り替えることができる高い信頼性を備えています。

そのため、スマートシティやスマートグリッド*2実現に必要となる大規模メッシュネットワークを構築可能な通信技術として期待されています。

今回提供を開始するWi-SUN FAN対応モジュールソリューション(以下本ソリューション)は、超小型(15.0mm × 19.0mm)のWi-SUN FAN対応無線通信モジュール「BP35C5」を用いて構成されます。

最大1000台まで接続できるため、本ソリューションを信号機や街路灯などの社会インフラに実装すれば、都市全体をカバーする遠隔管理システムの構築も可能となります。

加えて、「BP35C5」は、Wi-SUN FANで必要なセキュリティ機能を内蔵しているため、複雑な制御をすることなく、簡単に安全な通信を行うことができます。

また、一般社団法人電波産業会(ARIB*3)と米連邦通信委員会(FCC*4)の電波法認証を取得しており、すぐに日本と米国で使用可能です。

今後、その他の国、地域にも順次対応していく予定です。

<背景>

近年、IoT社会実現に向けて、スマートシティやスマートグリッドなど屋外での大規模な通信ネットワークを構築するため、社会インフラへLPWAの実装が進んでいます。

従来、使用されているLPWA(LoRaWAN、Sigfox、NB-IoT(LTE))などは、大規模システムにおける通信コストの上昇のほか、環境変化に弱いため通信速度の低下や通信障害が発生してしまうという課題がありました。

ローム社は、通信事業者や電力事業者を含む約200社からなるWi-SUN Allianceに早くから参画し、多くの開発実績を積み上げています。

今回、ローム社はWi-SUN FAN対応モジュールを開発し、業界で初めて1000台の大規模メッシュネットワーク構築が可能なWi-SUN FANソリューションの提供も開始することで、IoT社会実現に更なる貢献を実現していきます。

ROHMのWi-SUN FANのイメージ図

<国際無線通信規格Wi-SUN FANとは>

Wi-SUN FANは、既に世界で9500万台以上出荷される国際無線通信規格「Wi-SUN」の最新規格で、電気・ガス・水道のメータリングのほか、高度道路交通システムなど、スマートシティやスマートグリッドを構築するさまざまなシステムにおいて、IoT社会を実現する通信ネットワーク技術として期待されています。

他のLPWA無線通信規格が、スター型のネットワークしか構築できない一方で、Wi-SUN FANは中継機間でマルチホップ通信(中継機能)を行い、さらに中継機と端末間で双方向通信によりメッシュネットワークを形成し、遠隔で端末搭載アプリケーションの管理が可能です。

これにより、ビルの建築など、環境変化に起因する通信障害が発生しても、自動で中継機間のホップ経路を最適化することが可能なため、他の通信規格よりも高信頼の通信を実現することができます。

さらに、他のLPWAでは端末ごとに通信費が発生するのに対し、Wi-SUN FAN は通信費がかからずコストを抑えて運用することが可能になります。

ROHMのWi-SUN FANメッシュネットワークの特長
LPWAの通信規格比較表

<Wi-SUN FAN対応モジュールソリューションの特長>

  1. 最大1000台の大規模メッシュネットワーク構築が可能
  2. 本ソリューションは、ロームが開発した超小型(15.0mm × 19.0mm)のWi-SUN FAN対応無線通信モジュール「BP35C5」を用いて構成します。

    親機となるゲートウェイのMCUに大規模システム向けWi-SUN FAN対応プロトコルスタック(FANスタック)を実装した場合、中継機間で最大20hop、中継機1台あたり端末を64台まで接続可能で、最大1000台の同時接続を実現します。

    スマートメータや信号機、街路灯などの社会インフラに実装することで、遠隔管理システムのように都市全体をカバーする大規模メッシュネットワークの構築が可能です。

    また、「BP35C5」の内蔵メモリにもFANスタックを実装していることから、ゲートウェイのMCUからBP35C5を制御するだけで、最大16台まで接続できるため、小規模ネットワークも簡単に構築することができます。

    ロームのWi-SUN FAN対応モジュールソリューションについて

  3. 電波法対応と安全な通信で開発コスト削減に貢献
  4. BP35C5は、セキュリティ機能を内蔵し、通信の暗号化とセキュリティキーの更新を無線通信モジュール側でサポートしているため、複雑な制御をすることなく、簡単に安全な通信を行うことができます。

    また、ARIBとFCCの電波法認証を取得済みで、日本と米国ですぐに使用可能です。

    さらに、ロームが量産しているWi-SUNモジュール「BP35C0-J11」と同サイズであることから、設計資産を流用できる場合は、開発コストの削減にも貢献します。

【新製品】BP35C5の主な仕様

ROHMのWi-SUN FAN対応無線通信モジュール BP35C5
Wi-SUN FAN対応無線通信モジュール BP35C5

BP35C5の購入はこちらから

形名:BP35C5

特性

アンテナ None
実装方法 SMD
Wi-SUNプロファイル Wi-SUN FAN
Vin[V] 2.6 to 3.6
周波数帯域[MHz] 902.2 to 927.8
920.6 to 928.0
受信感度[dBm] -105
送信時消費電流[mA] 40(20mW)
受信時消費電流[mA] 20
HOSTインタフェース UART
搭載システムLSI ML7436N
外形寸法 [mm] 15.0×19.0x2.6
動作温度範囲(Min.)[℃] -30
動作温度範囲(Max.)[℃] 85

特長

  • Wi-SUN FAN認証済
  • マルチホップ・メッシュネットワーク対応
  • チャネル・ホッピング対応
  • 高データレート対応
  • 高周波回路設計済み
  • アンテナ端子 50Ω調整済み
  • 送信出力調整済み
  • Wi-SUN FAN ソフトウェアスタック内蔵

≫BP35C5のデータシートはこちら

<販売情報>

コアスタッフオンラインでは評価ボードのBP35C5-T01の取扱もございます。

品番

BP35C5

BP35C5-T01

概要 ラピステクノロジー製無線通信LSIにWi-SUN FAN(バージョン1.0)対応の通信ソフトウェア**を搭載した無線通信モジュール(量産中のBP35C0-J11と同形状) BP35C5を搭載したアンテナ(SMA)コネクタ搭載
評価ボード(BP35C0-J11-T01と同形状)
特長
  • 920MHz帯無線通信機能
  • 無線送信電力調整済み
  • アンテナダイバーシティに対応
  • Wi-SUNアライアンスでの認証取得済
  • ARIB、FCCの電波法認証を取得
  • BP35C5を搭載
  • BP359Cと接続可能
  • アンテナ接続用SMAコネクタを2つ搭載
サイズ 15.0mm × 19.0mm × 2.6mm 35.0mm× 50.0mm × 14.0 mm
写真 ROHMのBP35C5 ROHMのBP35C5-T01
機能ブロック図 BP35C5の機能ブロック図 BP35C5搭載のBP35C5-T01の機能ブロック図

**本通信ソフトウェアは京都大学の知的財産権、著作権を使用して開発されたものです。

<用語説明>

*1) LPWA
Low Power Wide Areaの略で、低消費電力で長距離の通信ができる無線通信技術の総称。
*2) スマートグリッド
IT技術でリアルタイムなエネルギー需要を把握して効率良く電気を送電するシステム。
*3) ARIB
一般社団法人電波産業会の略称で、日本国内において電波利用の標準規格化などを行う組織。
*4) FCC
Federal Communications Commissionの略で、通信法と規制を実施する責任を持つ、米国政府機関。
ROHMロゴマーク

その他ローム社製品の購入はこちらから


シェアする