SuperJunction MOSFET「PrestoMOS™」R60xxJNxシリーズ – 高速ダイオード内蔵 / 600V耐圧 ROHM

最終更新日

PrestoMOS™R60xxJNxシリーズ

R60xxJNxシリーズの購入はこちらから


ロームの高電圧用(600V~)パワーMOSFET製品にはスーパージャンクション技術を採用しています。
この技術によって、高速スイッチングと低オン抵抗な製品を実現しており、アプリケーションの損失を低減する事ができます。
ロームでは低ノイズ仕様、高速スイッチング仕様の2種類の製品をラインアップし、お客様の好みに合わせて提案できます。
さらにPrestoMOS™シリーズは、ロームの特許技術により業界最速クラスのダイオードを内蔵した製品で、SuperJunction MOSFETが苦手とするモータ・インバータの省エネ化に特化したデバイスとなっています。

ロームのSuperJunction MOSFETをオススメしたい3つの理由

①お客様のニーズに合わせた3つのシリーズを展開
②各シリーズで幅広いオン抵抗、パッケージをラインアップ
③高性能かつ高品質、サポート体制も充実

高速ダイオード内蔵 600V耐圧SuperJunction MOSFET「PrestoMOS™」R60xxJNxシリーズ

エアコン、冷蔵庫などの白物家電のモータ駆動やEVの充電ステーションに最適で、業界最速の逆回復時間(trr)を維持しながら、設計自由度を向上する600V耐圧のSuperJunction MOSFET“PrestoMOS™(プレストモス)”に新たに「R60xxJNxシリーズ」30機種をラインアップしました。

PrestoMOS™ R60xxJNxシリーズについての1分半ほどの紹介動画です
シリーズ VDS
600V 650V 800V
低ノイズ仕様 R60xxENx R65xxENx
高速スイッチング仕様 R60xxKNx R65xxKNx R80xxKNx
高速ダイオード内蔵
(PrestoMOSTM)
R60xxJNx  – – 

5つのパッケージからお選びいただけます

シリーズ パッケージ
表面実装タイプ 挿入実装タイプ
TO-252
[DPAK]
LPTS
[D2PAK]
TO-220FM TO-3PF TO-247
TO252 LPTS [D2PAK] TO220-FM TO-3PF TO-247
低ノイズ仕様 R60xxEND3 R60xxENJ R60xxENX R60xxENZ R60xxENZ4
高速スイッチング仕様 R60xxKND3 R60xxKNJ R60xxKNZ R60xxKNZ R60xxKNZ4
高速ダイオード内蔵
(PrestoMOSTM)
R60xxJND3 R60xxJNJ R60xxJNZ R60xxJNZ R60xxJNZ4

幅広い用途で採用頂き、特性面はもちろん品質面・サポート面でも高い評価を頂けております

用途の種類の説明画像

高速ダイオード内蔵(PrestoMOS™について)

PrestoMOS™とは?

PrestoMOS™はSuperJunction MOSFETの寄生ダイオードをローム独自の特許技術によって高速化した製品です。一般的に、SuperJunction MOSFETの寄生ダイオードは、その特徴的な内部構造が原因で通常のMOSFETに比べてリカバリー性能が悪化してしまいます。そのため、インバータやブリッジ型のPFC回路のような、寄生ダイオードを積極的に使用する回路ではSuperJunction MOSFETを使用できませんでした。
しかし、PrestoMOS™では寄生ダイオードを高速化することでSuperJunction MOSFETの弱点を克服し、モータ駆動用のインバータやブリッジ型の回路を使用するアプリケーションの省エネ化に大きく貢献できます。

PrestoMOS™について省エネ化の説明

近年の省エネ化の流れによって、インバータに広く用いられるIGBT+FRDの組み合わせをPrestoMOS™で置き換える例が増えてきており、抜群のリカバリー特性によりアプリケーションの省エネ化にご協力できています。

PrestoMOS™への置き換えについて

■ダブルパルス試験を用いたPrestoMOS™のデバイス特性の優位性実証についてはこちら

■R60xxJNxシリーズによる位相シフトフルブリッジ回路の電力変換効率向上についてはこちら

■MOSFETの仕様書に記載している用語説明についてはこちら


第三世代PrestoMOS™ R60xxJNxシリーズ

Drive Voltage 15V

Package
    TO252 LPTS TO220FM TO3PFF TO247
    TO252 LPTS [D2PAK] TO220-FM TO-3PFF TO-247
Ron typ
(mΩ)
1100 R6004JND3 R6004JNJ R6004JNX    
720 R6006JND3 R6006JNJ R6006JNX    
600 R6007JND3 R6007JNJ R6007JNX    
450 R6009JND3 R6009JNJ R6009JNX    
350   R6012JNJ R6012JNX    
220   R6018JNJ R6018JNX    
180   R6020JNJ R6020JNX R6020JNZ R6020JNZ4
140     R6025JNX R6025JNZ R6025JNZ4
110     R6030JNX R6030JNZ R6030JNZ4
90         R6042JNZ4
      R6050JNZ R6050JNZ4
45       R6070JNZ4

特徴① 業界トップのリカバリー特性

ロームのPrestoMOS™シリーズは、ローム独自の特許技術によって寄生ダイオードを高速化しており、重要特性の逆回復時間 (trr)は業界最速を誇ります。しかし、通常はダイオードの高速化によって急峻な電流変化が発生し発振が大きくなる傾向があります。
第三世代PrestoMOS™ R60xxJNxシリーズでは構造最適化によりリカバリー時の発振を起こしにくい製品に仕上げております。これにより、お客様の発振対策の手間を簡略化できます。リカバリー時の発振でお困りのようであれば是非お試し下さい。

PrestoMOS™ R60xxJNxシリーズの特徴1つ目についての画像


特徴② 使いやすさを追求

ロームのPrestoMOS™シリーズは、モータ駆動用のインバータやブリッジ型の回路での使用を想定しており、これらの回路では高い短絡破壊耐量とセルフターンオン抑制が必要とされます。短絡破壊耐量が少ない場合はMOSFETが破壊に至る可能性が高まり、セルフターンオンが発生した場合は電力損失が大きくなります。
第三世代PrestoMOS™ R60xxJNxシリーズでは内部構造の調整によってこの2つの課題をクリアできております。
競合他社の最新世代品と比較しても業界トップレベルの短絡破壊耐量を保持できており、より安心してお使いいただけます。
また、セルフターンオンが抑制されているため、動作時の電力損失も最小化することができております。


シェアする