Wi-SUNモジュール BP35C0-J11 – 小型面実装タイプWi-SUNモジュール ROHM

最終更新日

BP35C0-J11の製品画像

BP35C0-J11の購入はこちらから


特定小電力無線モジュール(Wi-SUNモジュール)BP35C0-J11

920HMz帯は、既存の無線との電波干渉を起こしにくく、低消費電力でありながら長距離のデータ通信が可能な電波帯です。ZigBeeやBluetoothが使用する2.4GHzに比べて電波の回り込み特性に優れているため、壁や障害物がある場所でも安定な通信を確保することもできます。また、既にアメリカ、中国、韓国、オーストラリアで使用されており、欧州でも開放が検討されるなど、世界で共通して使用される周波数帯となりつつあり、今後もますます市場が拡大されると考えられています。

BP35C0-J11の製品画像
BP35C0-J11

「BP35C0-J11」は、アンテナ外付け、小型面実装タイプのモジュールです。
Wi-SUNプロファイルの”Bルート”と”Enhanced HAN”に対応しています。

BP35C0-J11についての製品画像とBP35C0-J11-T01の画像

購入はこちら

Wi-SUN USBドングル BP35C2
「BP35C2」は、BP35C0を搭載したUSBドングルタイプの製品です。

BP35C2の画像
購入はこちら
Wi-SUNモジュール BP35C0
「BP35C0」は、アンテナ外付け、小型面実装タイプのモジュールです。
Wi-SUNプロファイルの”Bルート”と”HAN(Home Area Network)”に対応しています。

BP35C0の画像
購入はこちら
Wi-SUNモジュール BP35A1
BP35A1は、アンテナ内蔵、コネクタ実装タイプのモジュールです。
Wi-SUNプロファイルの”Bルート”に対応しています。

BP35A1の画像
購入はこちら

ROHM社のWi-SUNサポートページはこちら


Wi-SUN対応 無線通信モジュール BP35C0-J11の紹介動画

BP35C0-J11についての1分半ほどの紹介動画です

Wi-SUNとは

Wireless Smart Utility Networkの略です。

最近できた新しい通信規格(2012年にWi-SUNアライアンス発足)でありIEEE802.15.4g規格をベースとし「Wi-SUN Alliance」が標準化を行ってきました。日本発の国際無線通信規格。日本では920MHz帯を使った無線通信になります。

ユーティリティ(電気・ガス・水道などの公共サービス、社会基盤)用のネットワークとして規格化がスタートしたが、汎用性が高く様々なIoTに最適です。

Wi-SUNの特徴について
Wi-SUNの特徴

IoTにおけるWi-SUNの位置づけ

IoTに用いられる様々な無線規格

Wi-SUNは、Wi-Fiより通信距離が長く、Sigfox・その他LPWAよりスピードが速い。適度に飛んで適度に速い、IoTに最適な無線通信規格です。

Wi-SUNの市場背景

電力スマートメーター導入計画のグラフ
電力スマートメータ導入計画

Wi-SUN搭載のスマートメータ導入が進んでいます。
2018年までに4,000万台、2024年までに8,000万台、
日本全国へ設置完了される計画になっています。

HANへの普及

新電力事業者やHEMS機器を手掛けるメーカーによりWi-SUN対応ゲートウェイの普及が進んでいます。
スマートスピーカーの普及により、ホームエリアでの新しいサービスが多数検討されています。

Wi-SUNは電力スマートメータ―(Bルート)で導入が進んでおり、
今後はHAN(Home Area Network)への普及が期待されています。

最新規格「Wi-SUN Enhanced HAN」とは

ネットワーク構成例
ネットワーク構成例

Enhanced HANは、リレー/スリーピング機能が拡張された最新規格です。
屋外機器やセンサ機器に最適です。

広がるアプリケーション

アプリケーションの例
アプリケーション例

Enhanced HANにより、通信エリア拡大と電池駆動機器への対応が可能に。
ホームユースだけでなく、工場・商業施設でのIoTにもお奨めです。

Wi-SUNモジュール製品一覧

品番 BP35A1 BP35C0 BP35C2 BP35C0-J11
外観 BP35A1製品画像 BP35C0の製品画像 BP35C2の製品画像 BP35C0J11の製品画像
電波法 ARIB STD-T108 準拠
対応規格 Wi-SUN Bルート Wi-SUN Bルート/HAN Wi-SUN Bルート /
Enhanced HAN
アンテナ あり なし あり なし
コネクタ ボードtoボード SMD(面実装) USB SMD(面実装)
RF ML7396B(Lapis) ML7416(Lapis)
HOST I/F UART USB(USB 2.0準拠) UART
周波数 922.5 ~ 927.9MHz
変調方式 2値GFSK
変調速度 100kbps.
送信パワー 20mW(13dBm) 20mW/10mW/1mW
受信感度 -103dBm(100kbps, BER<0.1%)
電源電圧 2.7V~3.6V 2.6V~3.6V 4.5V~5.0V~5.5V 2.6V~3.6V(20mW/10mW)
1.8V~3.6V (1mW)
消費電流(TYP) 46mA [送信20mW]
30mA [受信]
9μA [スリープ]
45mA [送信20mW]
25mA [受信]
4μA [スリープ]
48mA [送信20mW]
30mA [受信]
6mA [スリープ]
47mA [送信20mW]
42mA [送信10mW]
24mA [送信1mW]
27mA [受信]
4μA [スリープ]
動作温度(℃) -20 ~ +80 -30 ~ +85 -20 ~ +50 -30 ~ +85
サイズ(mm) 33.5×22.0×3.9 15.0×19.0×3.0 21.4×49.7×8.5 15.0×19.0×3.0

シェアする