【アルプスアルパイン】磁気センサとは

最終更新日

磁気センサとは磁気の状態を検知して電気信号に変えるものです。

磁気センサには色々なものがありますが、代表的なものにホールセンサとMRセンサがあります。

文字通り、ホール効果を使ったものがホールセンサ、磁気抵抗(MR)効果を使ったものがMRセンサです。

ホール効果とはホール素子に磁界がかかるとホール電圧が発生することで、磁気抵抗効果とはMR素子に磁界がかかると素子の電気抵抗が変化することを言います。

アルプスアルパイン社の磁気センサはMRセンサです。

MRセンサとホールセンサ

ホールセンサとMRセンサの違い

ホールセンサは垂直磁場の強さを検知するのに対し、MRセンサは水平磁場の角度を検知しています。

したがってMRセンサの方が検知範囲が広い場合が一般的で、レイアウト誤差も吸収できます。

MRセンサとホールセンサの違い

また、出力値も当社のMRセンサはホールセンサの10倍以上であるためS/N比が優れています。

MRセンサのSN比について

アルプスアルパインの磁気スイッチの構造

上記MRセンサの特性を活かして、磁石と組み合わせたスイッチが磁気スイッチです。

磁気スイッチの構造について

アルプスアルパインの磁気スイッチの特長

上記検知範囲やS/N比以外にもアルプスアルパインの磁気スイッチはホールセンサと比べて、感度バラツキも小さく、温度変化に対しても安定しています。

磁気スイッチの特長について

アルプスアルパインの磁気スイッチのバラエティ

アルプスアルパインの磁気スイッチには、実装方法(サイズ)、駆動電圧や出力の種類によって各種バラエティを持っています。

製品番号 外観 サイズ 駆動電圧 動作磁界 出力
HGDESM021A
磁気センサのMAPタイプ
MAPタイプ
1.1×0.9×0.55 Typ. 1.8V
(1.6 min. to 3.6V max.)
Hon.(+)
Typ. 2mT
(1.3 to 2.7mT)
Hoff.(+)
Typ. 1.2mT
(0.5 to 1.9mT)
単極1出力
HGDEPM021A 双極1出力
HGDEDM021A 双極2出力
HGDEST021B
磁気センサのSOT23タイプ

 

SOT23タイプ
2.9×2.8×1.1 単極1出力
HGDEPT021B 双極1出力
HGDFST021B Typ. 5V
(4.5 min. to 5.5V max.)
単極1出力
HGDFPT021B 双極1出力
HGDVST021A 3 to 30V Hon.(+)
Typ. 2mT
Hoff.(+)
Typ. 1.4mT
単極1出力
単極1出力
単極1出力
双極1出力
双極1出力
双極2出力
双極2出力

その他アルプスアルパイン社製品もコアスタッフオンラインにて購入できます


シェアする